全国のがん登録室情報

2012年7月現在

長野県公式ホームページ長野県地域がん登録都道府県がん登録室に関する情報 【長野県】

登録開始年:2010
Year Registry Started: 2010

中央登録室の所在:信州大学医学部附属病院
Localization of Registry: Shinshu University Hospital

登録室紹介(Introduction of Registry):

長野県長野県は本州の中心に位置し、面積は1.35万ku 人口は約220万人、四方を山に囲まれ豊かな自然環境に恵まれた県です。

長野県地域がん登録事業は、県医師会、医療機関をはじめとする関係機関の協力のもと、長野県が実施主体となり信州大学医学部附属病院に登録事業の委託を行ない2010年1月より開始しました。
本県の特徴は、全国有数の健康長寿県であり、がんによる75歳未満年齢調整死亡率が全国平均を大きく下回っており、10年以上全国最低レベルを維持しております。

その一方で、死因別死亡者数をみると、がんは本県の死因トップであることから、現在実施している地域がん登録を推進していくことで、罹患率や生存率等を推計し、なぜ75歳未満年齢調整死亡率が低いのかを明らかにできるものと期待しているところです。

また、今後届出件数をいかに増やし登録精度を向上させるか、登録・集約体制をいかに充実させるか、出張採録や予後調査をどのように行っていくかなど、まだまだ課題を抱えており、引き続き努力していきます。

地域がん登録室のスタッフは、小泉室長(臨床腫瘍部長)の指導のもと、非常勤職員の医師1名、登録事務員3名、診療情報管理士1名の計5名体制で行っており、送られてくる登録票の確認とデータ入力に日々追われておりますが、少しでも本県のがん対策の向上に寄与できればと考えております。

 
このページを閉じる