地域がん登録全国協議会の概要
学術集会
がん登録・がん統計について
藤本伊三郎賞
地域がん登録全国協議会の刊行物
表彰制度
全国の地域がん登録室
関連資料
新着情報
リンク集
お問い合せ
 
総会研究会
ホーム学術集会>第16回総会研究会

第16回総会研究会 保健・医療と疫学研究における地域がん登録の役割

会期 総会研究会:2007年9月7日(金)/実務者研修会:2007年9月6日(木)
会場 広島市南区民文化センター
会長 児玉 和紀 (財団法人 放射線影響研究所 主席研究員兼疫学部長)
 
プログラム 第16回総会研究会抄録集pdf(PDF)
1

9:00 受付開始

2

9:00−10:00 ポスター掲示

3

10:00−10:20 会長挨拶、来賓祝辞

4

10:20−12:00シンポジウム「地域がん登録の課題と今後の展望」

  座長:祖父江友孝(国立がんセンターがん対策情報センターがん情報・統計部長)
迫井 正深(広島県福祉保健部長)
基調講演:「がん対策における地域がん登録」
迫井 正深(広島県福祉保健部長)
 
  1. 地域がん登録の標準化の現状と課題
    味木和喜子(国立がんセンターがん対策情報センターがん情報・統計部)
  2. 地域がん登録に果たす医師会の役割
    有田 健一(広島県医師会)
  3. 地域がん登録の法的現状と課題
    田中 英夫(大阪府立成人病センター)
  4. がん対策推進計画策定における府県がん登録の役割
    井岡亜希子(大阪府立成人病センター)
5

12:00−12:30 総会

6

12:30−13:20 昼休み

7

13:20−14:20 ポスター見学

会場:広島市南区民文化センター3階ギャラリー
8

14:20−14:50 会長講演「地域がん登録と放射線の健康影響の研究」

児玉 和紀(放射線影響研究所)
座長:関根 一郎(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 原研病理 教授)
9

15:00−17:00 市民公開講座

  「50周年を迎えた広島のがん登録 −広島の保健・ 医療における地域がん登録の役割−」
座長:岡本 直幸(地域がん登録全国協議会理事長・神奈川県立がんセンター)
鎌田 七男(広島県地域がん登録運営部会長・原爆被爆者援護事業団)
 
  1. 広島におけるがん登録の取り組みと成果
    西 信雄(放射線影響研究所広島研究所疫学部)
  2. 広島市医師会とがん登録−その50年
    桑原 正雄(広島市医師会)
  3. がん登録資料の有効な活用−広島県で発生したがんの変遷−
    安井 弥(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 分子病理学)
  4. がん登録における個人情報保護への配慮
    片山 博昭(放射線影響研究所情報技術部)
    指定発言:山内 雅弥(中国新聞社編集委員)
10

17:00−17:15 ポスター表彰・閉会の挨拶

11

17:15−17:30 ポスター撤去

   
  がん登録実務者研修会
2007年9月6日(木)
14:00 受付開始
司会:杉山 裕美(放射線影響研究所広島研究所疫学部)
中元 一望(広島県医師会学術研修課)
14:30−15:00 「模擬症例(1)の検討」
15:00−15:30 「模擬症例(2)の検討」
15:30−15:50 休憩
15:50−16:20 「模擬症例(3)の検討」
16:20−16:50 「模擬症例(4)の検討」
16:50−17:20 質疑応答
18:00−20:00 懇親会
 
当サイトのリンクについて