認定特定非営利活動法人とは?

ホーム>認定特定非営利活動法人とは?

認定特定非営利活動法人とは?

認定特定非営利活動法人とは?

日本がん登録協議会は、平成30年11月27日(火)に所轄庁である東京都知事より認定NPO法人(30生都管第1031号)として認定を受けました。
認定NPO法人として認定されるためには、以下のことが求められます。
  • 広く一般から支持を受けているか
  • その活動や組織運営が適正に行われているか
  • より多くの情報公開が行われているか
平成30年9月30日現在、全国にNPO法人は51,745法人が認証されています。そのうち、認定NPO法人は1,096法人(平成30年11月21日現在)と、2%に満たない状況です。

認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)は、NPO法人への寄付を促すことにより、NPO法人の活動を支援するために税制上の優遇措置として設けられた制度です。以前は国税庁長官が認定を行う制度でしたが、平成23年法改正により平成24年4月1日から管轄帳が認定を行う新たな認定制度として創設されました(「内閣府NPOホームページ」より)。

また、この税制優遇によって、市民自らが様々な問題の解決を、国・行政に託すか、自ら選んだNPOに託すかを主体的に決めることができます。これは社会を変える方法を自ら選べるということを意味します。

例えば、もしも「がん登録」がなかったら、国は、アスベストのような発がん性のある化学物質への対応が遅れたり、効果を評価しないまま検診を実施したりなど、がんの実態がわからないまま、医療計画や予防対策を立ててしまうことになります。その唯一の情報源が「がん登録」なのです。

私たちは認定NPO法人となった今、改めてわが国のがん対策の推進に寄与する組織として、その存在意義に立ち返り、応援してくださる皆様と共に社会を変えていくべく、責任感と使命感を持って取り組んでまいります。
これからもご支援をいただきますよう、お願い申し上げます。

個人や法人の皆様が認定NPO法人である私たちの活動にご理解をいただき、ご寄付を頂いた場合、次のような税制優遇があります。
 
個人として寄付された場合
一定限度内で寄付金額に応じた所得控除もしくは税額控除を受けられます。
※個人が認定NPO法人へ寄付した場合、寄附金控除制度が適用され、確定申告をすることで、税金の還付を受けることができます。
 
法人として寄付された場合
一定限度額内で寄付金額に応じた損金算入(経費処理)が認められます。
※特別損金算入限度額扱いとなり、一般のNPO法人への寄付と比べ、経費として扱える寄付金の限度額が高くなります。
 
相続人が相続財産を寄付された場合
寄付した相続財産は相続税が非課税になります。
 

ご寄付のお申し込みはこちらから

認定特定非営利活動法人日本がん登録協議会では、皆様からのご寄付をお待ちしております。
寄付金申込書に必要事項をご記入頂き、JACR事務局までメール添付もしくはFAXにてお送り下さい。
寄附金申込書
 
問い合わせ先および寄付金申込書提出先
認定特定非営利活動法人 日本がん登録協議会事務局
〒104-0061 東京都中央区銀座8-19-18第三東栄ビル503
TEL: 03-3547-5992 FAX: 03-3547-5993
E-mail.office@jacr.info
 
当サイトのリンクについて  プライバシーポリシー