地域がん登録全国協議会の概要
学術集会
がん登録・がん統計について
藤本伊三郎賞
地域がん登録全国協議会の刊行物
表彰制度
全国の地域がん登録室
関連資料
新着情報
リンク集
お問い合せ
 
総合研究会
ホーム学術集会>第18回総会研究会

第18回総会研究会 がん登録とがん検診

会期 (1)がん登録実務者研修会…2009年9月3日(木曜日)
(2)総会研究会…2009年9月4日(金曜日)
会場 新潟県民会館
会長 小松原 秀一 (新潟県立がんセンター新潟病院)
 
プログラム 第18回総会研究会抄録集pdf(PDF)
1

8:45 受付開始

2

8:45−9:40 ポスターセッティング

3

9:40−10:00 会長挨拶、来賓祝辞

4

10:00−12:00 パネルディスカッション

  「がん登録システムの標準化−その効用と問題点−」 司会:津熊秀明
基調講演: 標準化のめざすもの 国立がんセンター  味木和喜子
 
  1. 実際に標準システムを導入、運用を開始して
    栃木県立がんセンター 大木いずみ他
  2. 愛知県がん登録における標準データベースシステムによる遡り調査、
    登録票画像化の実例の紹介
    愛知県がんセンター  伊藤秀美
  3. 福井県における標準DBS導入の経緯 福井社会保険病院
    藤田 学
  4. がん登録の標準化と地域特性
    放射線影響研究所 早田みどり
 

関連発言:病歴業務におけるがん登録標準化への対応
−特に病理組織コーディングに関連して−  県立がんセンター新潟病院 丸山洋一
特別発言:山形県立がん・生活習慣病センター 柴田亜希子

5

12:00−12:30 総会

6

12:30−14:00 昼食兼ポスター見学

  ポスター主題
 
  1. 各登録室の現状(各道府県1題ずつで内容は自由)
  2. がん登録から見たがん検診
  3. がん登録を利用した研究
  4. その他
7

14:00−14:40 特別講演

  司会:岡本直幸
「がん検診の精度管理と地域がん登録」 県立がんセンター新潟病院 小越和栄
8

14:40−14:50 ポスター表彰

9

14:50 閉会の辞

  小松原秀一(会長)
10

15:00−17:00 公開講座 ---新潟県がん征圧月間行事との共催--- 大ホール

  「がん登録はどのようにがんの征圧に役立っているか〜がん登録の利用〜」
司会:祖父江友孝、小越和栄
 
  1. なぜがん登録は必要なのか 大阪府立成人病センター 大島 明
  2. がん研究にどのように役立っているか 新潟青陵大学 中平浩人
  3. 新潟県に於けるがんの実態 新潟県がん登録室 内藤みち子
  4. 新潟県がん検診の有効性について 県立がんセンター新潟病院 小松原秀一
   
  がん登録実務者研修会
2009年9月3日(木) 参加費:1,000円

14:00     受付開始
14:30−17:30 研修会
 
1.進行度分類司会(14:30-15:50) 柴田亜希子
@ 病期分類概論  福井県立病院 海崎泰治
A がん登録でどのように使用されているか 大阪府立成人病センター 井岡亜希子

15:50−16:10 休憩
 
2.検診の精度管理司会(16:10-17:30) 小越和栄
@ 精度管理の評価方法  宮城県立がんセンター 西野善一
A 検診データ精度管理の実際  新潟ブレスト検診センター 佐野宗明

18:30〜 情報交換会  オークラホテル新潟 4階 参加費:3,000円
   
 
当サイトのリンクについて